袋分け管理に挫折気味な人向け。一部袋分けはいかがでしょう?

家計簿の話。
世の中にはいろんな家計簿が溢れていて、たくさん試しました。
今年はムーミン家計簿にしようと袋分けに再度チャレンジ!!と、1ヶ月やってみましたが、いかんせん。袋分け・・・私全く、向いてない(・ε・;)

今回は袋分けの話です。

袋分けに挫折気味な人向け。費目によって袋分け制度を導入

細かく管理したいけど、キチキチにやるのは続かない・・という、「細かいんだか、細かくないんだか、どっちつかずの性格」という私の性格上、袋分けの家計簿は昔からまったく続かない・・・。同じような方いるかな?(・∀・)

せっかくがんばろうと思ったのに〜〜。

余談ですが私は「左右脳タイプ。インプットは論理的、アウトプットは感情的タイプ」なのでそのせいかもしれない・・・。

ということで、袋分けは続かない!じゃあ自己流に戻そう!!となり、今現在戻しているところです。

家計簿まとめを書いている、無印バインダーは続いてるんだけどなぁ。

www.natu-colorful.com

 なぜ袋分けが向いていないか、考えてみる

家計のやりくり方法って、やみくもに試したくなりますが、一度試してダメならきっとダメですね。

もう袋分け管理は試しません。だって絶対無理だもん。

なぜダメなのか?なぜ続かないのか?これと向き合う時間を作らなかったから、懲りずにまたチャレンジしそうだなと思うので、ここらで向き合ってやろうじゃないかと思います。

こっちは娘が寝てるので時間はあるのだ!!・・にしても今回のインフルエンザは熱が下がりづらい!!( ;  ; )元気はあるから治る傾向にあるのだろうけど、熱が39度前後、ずっと出ててこわいです。

費目が混ざるストレス

話は戻って〜、袋分けですが、私が苦手とするのが「費目が混ざる」こと。

ドラッグストアで一気に買い物することが多いので、「卵」と「洗剤」と同時に会計します。現金で払うならまだわかりやすいけど、クレジットカードとうまく付き合っている私はクレカで支払います。

クレカで支払うと、袋分けしてある袋からその金額をよけなくてはいけません。

食費の袋から卵代を。日用品費の袋から洗剤の代金を。

これが苦手なんですよね・・・。小銭を探すストレスもすごい。

予算が足りなくなるストレス

さらに、日用品だけでいっても、洗濯洗剤(緑の魔女を愛用中)やパストリーゼ、オキシクリーンのような単価の高いものは大きな容器で買うようにしてるのでひとつ2,000円します。

2,000円を突然支払うと日用品費の予算が一気になくなってしまって、他の費目の袋から借りることになったりして、それがストレスに・・・。
その対策に予備費から補填して対応していましたが、「借りてる感」がすごいストレスでやめることにしました。

袋分けにしておきたい費目もあり

食費や日用品のようなやりくり費に関しては、上記のことから、私には袋分けが向いていません。ストレスになる管理法はよくないので1ヶ月でやめてしまいました。

でも、やりくりする費目の中でも、袋分けが向いている項目もわかってきました。

それは、「いつ、いくらかかるのか、はっきりしない費目」です。

  1. 医療
  2. 子どもの衣服
  3. レジャー

我が家で言えばこの4項目です。

毎月、一定の額をよけておき、突然かかる出費に備える。余れば次に出費があるときまでよけておく。

これおすすめです。

袋分けに、無印パスポートケースが便利

家計管理でよく使われている無印良品のパスポートケース、これは費目によってお金を分けておきたいときにとても便利です。

f:id:natu-39:20200130095446j:plain

グレーもかわいいけどブラックに。

f:id:natu-39:20200130095458j:plain

米代と〜

f:id:natu-39:20200130095505j:plain

医療費と〜

f:id:natu-39:20200130095538j:plain

子どもの服代を準備。

他にも「年払い」と「SBI口座」用も一緒にセットしてあります。

毎月一定額をここへ入れておき、必要な時にここから支払いします。

出費がある月もあれば、ない月もあるので、このやり方は便利です♪

出費があればそれも記入しておきます。

f:id:natu-39:20200130095520j:plain

適当な紙を一緒に入れておけば使う時に書ける^^

レジャー費も用意しようかと思ったけど、我が家はほぼレジャー費が発生しません。
夏休みや冬休みは「年間予定支出」として予定しているので、突発的な支出があれば(映画に行くとか)家計費から払います。

家計費は月に70,000円と決めているので、その中であれば、食費だろうが、日用品だろうが一緒。

ごちゃまぜです。

そのくらいのが気楽だ〜〜。

ということで我が家の袋分けについてでした。

中途半端かな?でも同じように「分けておきたいものもあるけどそうじゃないものもある」方には向いているかな?と思います(・∀・+)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ファイナンシャルプランナー2級を主婦になってから取得。
昔から家計簿や金融系の本を読むのが好きな子どもでした。

趣味や子育てのこと、いろいろつぶやきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる