MENU

「舞い上がれ!」を観て、子どもとの関係について考えてみました

フリータイムをもらいました( ̄∀ ̄)

と言っても、息子は高校生だし、娘も小6の夏から反抗期が始まってしまったので、いつでもフリータイムみたいなもんです。
昔はあんなにママっ子で、いつも常に「ママー!!ママーーー!!!」だったのに、「あれ?反抗期きたのかな?」と感じた瞬間には、
「ママうるさい」
「わかってるってば!!!」
と返事が返ってくるようになってました。
もう笑いかけてくれることもなく。
なんだか切ない。

家にいても子どもたちに相手にしてもらえないので(悲)、無印良品へ逃げています^^;
無印良品に、ちょっとした休憩スペースがあって、WiFi完備、コンセントも各席にあり、一人時間を過ごすにはぴったり♪

しかも、コーヒーが1杯100円(๑✧∀✧๑)

無印良品のおやつを買って、1時間くらいはここでゆっくりしようかな〜と執筆活動しております。

開け方(;·∀·)

ブールドネージュがお気に入りなので、ここぞとばかりに食べています^^
娘に取られることもなくなったのが嬉しいのか、悲しいのか。

今日のお供の手帳はOURHOMEのEmiさんがやっている、マイノートです^^

本も出版されていてとても為になりますよ〜!!

本は2冊出ていて、両方持ってますがとてもいいです。
自分の感じたことを書いておくのに最適です。
手帳は基本、weeksではあるけど、気持ちがざわざわしたときや、考えごとをまとめたい時にまマイノートを書くことが多い気がします。

******************

ところで、朝のNHK連続テレビ小説、いわゆる朝ドラって観てますか?
今回は「舞い上がれ!」が放送中。
放送が始まって、現在2週間経ったところかな?

これがまた最高のなんの・・・。
Twitter等でも賑わっていますが、ほんとにもう最高で。
演技云々はもうベテランの役者さん揃いなので、いうことなしですよね。
私のような素人がどうこう評価なんて恐れ多くてできないけど、とにかく内容がいい!!!
そして泣ける!!!
そしてなにより、自分の考えを改めさせてもらえる!!!!!

とにかくどの方向から見ても最高なんですよね。
そんな朝ドラを観て、自分なりに考えさせられたこと。
を今回は書いてみようかなと思います。

目次

「舞い上がれ!」を観て、子どもとの関係について考えてみました

今年、息子が高校一年生になりました。

うちの息子は現在、絶賛反抗期中であることもあって、私とろくに会話をしません。
自分のことを全部一人でやれているのならそれでもいいけど、まったくもって生活力がないというのか・・・。
4歳下の妹はこちらから促さなくてもお風呂も入るし、ご飯の食器も下げるし(洗うまではしないけど)、宿題も一応は終わらせることができるのに対して、息子はまったくできません。

「面倒なこと」
「自分にとって必要性を感じないなら一切やらない」
という極端なタイプです。

上の子ということもあり、親側も必要以上に期待してしまったり、世話を焼いてやる機会が多かったんでしょうね。
当時は思わなかったけど、今思い返してみると反省点がちらほら・・。
「育て方が悪い」と言われたらそれまでだけど、私が原因を作ってしまったんだろうな。
という反省が多々あります。

共働きで、休みが少なかったこともあるのか、手を出せるタイミングのときは出しすぎてしまったのかもしれません。

息子は私の性格をだいたいわかっているので、自分のお願いを叶えてもらうためにうまく私を誘導できるようになっていました。

例をひとつあげるとしたら
「スイミングに、先生が見てないときに水中で足を引っ張ってくる子がいる。だからスイミングをやめたい」
と息子に言われれば、先生に確認するものの、本人がそのあとも嫌がるのなら本人の意思通りにやめさせてしまいました。
目標であった「クロールをできるように」をまだ泳げていないのに、やめてしまいました。
今思えば、他の時間にうつしたり、他のスクールに変更したり、手はあったはずなのに。
「本人がやめたい、というのなら・・・」
と最終的にそうしてしまっていました。

「うまく言えばこの親はやってくれる」という成功体験のようなものを植え付けてしまったようなんですよね。

そしてその経験は、今更になりますが振り返ってみると・・・、何度もありました。

  • 習いごとで「お前なんてやめちまえ!もう来るな!!」と指導員に叱られて、習いごとをやめる
  • 幼い頃に、お友達とゲームの貸し借りで喧嘩になり、親同士だけで解決してしまう&お互い合わないようだから子ども同士は遊ぶのをやめさせようと親同士で決める
  • 受験でコロナが気になるからと言って自室での食事を認めてしまう(現在も継続してしまうはめに)
  • 高校受験で突然の進路変更を試験前日にする
  • 眠いけど遅刻するわけにいかないから、という理由で高校まで送ってしまう
  • 息子が部屋にいない隙に、ゴミ等を集めて掃除をしてしまう

など、数え始めたらキリがないほど、まだまだ出てきます。

きっと、「この親ならどうにかするだろう」と息子に思わせてしまう態度をしてきたんだろうなと、とってもとっても悔やんでいます。

親と子どもが離れる選択

私が悪いんだろうな。とかなり気がついていましたが、今の朝ドラ「舞い上がれ!」を観て、頭を殴られたような衝撃がありました。

ストーリーの中で、なんでも心配で世話を焼いてしまう母親と、熱を出しやすい娘(主人公)の話。
「熱が出るからやめておこうか」と言われれば、自分で挑戦したいことでも「そうだよね」と、はなからやることを諦めてしまう。
「走ると熱が出るよ」と心配され、走った際に本当に熱が出てしまう。
そんな始まりだったんです。

母親の住んでいる五島という島に母と子がしばらく身を寄せることになり、祖母は「母と子を離すべきだ」とすぐに気がついて、母と子を離すことに。
いつも先回りしてくれる母親がいなくなったことで、不安いっぱいだった子どもが、いつしか成功体験を積み、自分にもできることがある!!
と気がついていくストーリー・・・。

もう涙なしでは観られないんですよね・・・。
母の気持ちがわかりすぎる。
そして、それはダメなんだとわかってはいる。
でも一緒にいるとどうしても先回りしてしまう・・・。
この子のためには離れなくてはいけない。
とわかっていながら、離れられない気持ちや、これではダメなんだと葛藤する様子が痛いほどわかって、泣きまくりました。

そうだ、きっと私も、子どもと離れなくてはいけないんだ。

そう思い始めました。

私なりの子どもとの離れ方

私や夫の親はまだ生存していますが、預けられるような環境にはありません。
「いっそ、息子を寮のある高校へ転校させようか」
と本気で思っていましたが、そういうことではないんじゃないか。
と一度考えてみました。

子どもと離れる工夫
  • 起こす時間を7時まで。と決めて、起きていなくても私は家を出る
  • 息子の部屋のゴミ箱を大きいタイプの物に変え、ゴミの回収を私がしなくてもそのまま出せるようにする
  • 部屋で食べた食器を持ってこないようなら、紙皿に変更する
  • 制服を洗濯機へ出さなくても、部屋に取りにはいかない

こんなレベル感なことがとっても恥ずかしいんですが、こんなおうちもありませんか?
人にわざわざ言わないだけで、つい手を出してしまう母って多いんじゃないかな?
と思ったりするんですよね。

「雨降るから傘ね!!」
と言ってみたり、
「そろそろこれやった方がいいんじゃない?」と声かけてみたり。
うちは特に、朝起こすのが私の役割となってたところがあって、起きるまで起こし続けていました。
でも、私がいないときは自分でどうにか起きているみたいなんですよね。
仮に起きることができなくて遅刻になってもいいじゃないのか。
遅刻が多くて、最悪進級できなくてもいいんじゃないか。
(私が起こしていても遅刻するので、先日先生に警告させています(⌒-⌒; ))
と思ったら、スッと気が楽になってしばらく離れてみよう。
と思っています。

「どうせ母がやるから」
と思っている節がある息子を、どうにかして自立させたい。
一度、私が手を離してみて、どのくらい息子が成長できるのか。
見てみようと思っております。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ファイナンシャルプランナー2級を主婦になってから取得。
昔から家計簿や金融系の本を読むのが好きな子どもでした。

趣味や子育てのこと、いろいろつぶやきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次