年に一度だけ!年末に残金チェックをしてみるススメ。

家計簿を書き続けている私ですが、家計簿って本当に必要?と思うときがあります。

家計簿を書くことによって生まれるメリットは、

  • 自分が気づいていなかった支払いに気づくことができる
  • 収入と支出のバランスを確認できる

という、「把握」に関すること。につきる。と思っています。

ですので、「把握」ができていない人には日々の家計簿はオススメしたいですが、「家計の流れをすでに把握できている」方は、家計簿を書く必要がない。

と思っています。

家計の流れを把握している方でも、年に一度、必ず行なってもらいたい作業があります。これは、私の妹(家計をあまり把握できていない)や、家計に関する相談をしてくれる友達に勧めていることですが、ぜひ実践していただきたい。と思っています。

年に一度だけ!残高を書き出す。これのみ!!

え?これだけ??

ですが、すみません。これだけです。

自分が管理している預金口座の残高をすべて書き出す。これのみですが、とても効果的です。

預金口座、手持ち現金別に、残高を書きだす

管理しているすべての口座とすべての現金を把握します。

「この通帳は面倒だからいいや」ということはナシです。

面倒な口座なら解約をオススメします。持っていても無駄なものはさくっと断捨離で♪と威張っている私も、銀行員に解約はしないでほしい・・と懇願されて置いてある口座があるのでどうにかせねば・・・。

12月末の預金残高を書きだす

私は年に一度、年末に書きだします。預金口座を記帳しに行き、その残高を書くだけです。見終わったらその下に赤線を引いて、「ここが年末ですよ〜」とわかるようにしています。

f:id:natu-39:20191205053207p:plain

生々しい数字。

ある一つの口座の数年前のものですが、利息分しか増えていってないじゃないか!そんな年もあります(T . T)今と比べても・・・そう増えてないかも??

月に一度行ってもいいかもしれませんが、1ヶ月ってあっという間で、なかなかできないので私は年に一度のお楽しみにしています。

年末が近づくと、お。残高チェックの時が近づいてきたな〜と感じます。ワクワクします^^記帳へ行くのがやや手間ですがネット銀行なら家でもチェック可能ですし、なんなら年明けに行うこともあります。

手持ちの現金を数えておいて書きだしておく

財布の中身や、口座に入れようとして分けてある現金、袋分けしている方ならその残金等、家にある現金も数えます。

だいたいの金額でもよしだと思います^^

私の口座別残高の書き方

細かくはお見せできませんが、私の書き方はこんな感じです。

f:id:natu-39:20191205053947p:plain

パソコンを撮ったので(アナログ)、見辛いですが一部分です。

縦に持っている預金口座。横軸は年度です。

一番下にすべて足した総額を書きだします。

今年の年末にもここに追記しますし、来年もここに書きます。毎年年末に行う、大事なお仕事です。(年越してから行うこともしばしばありますが)

残高を書きだすメリット

メリット・・把握すること。これが一番だとは思いますが、自分が今いくらあるのか。を知ることはとてもとても大事です。

思ったよりも少なかった。思ったよりも多かった。

少なかったとしたら・・今年はレジャーが多かった?医療費が多かった?

思ったより多かったなら、外食を減らして自炊を頑張った月が多かった?

などの振り返りにも役立ちます。

それを知ることで、来年の意識が少し変わるように思います。今年はなぜ少なかったのか?なぜ多かったのか?一度振り返ってみてもいいかもしれません。

そして今年、書きだすことができたらぜひ来年の年末もやってみてほしいです。

今年の残金と比べてどのくらい増えていたか?時には大型出費があり、減ることもあるかもしれません。が、それも把握することが大事・・・。

今年は〇〇を買ったからその金額分減ったんだなーなど、理由もわかります。

実は今。新しい手帳が欲しいです(◎∀◎人)

今年何冊目・・・。呆れますが、年末が近づいているので残高をこれ以上減らしたくない気持ちが強くなっていて、とりあえず手持ちの手帳があるじゃないか・・という気持ちになることができています。

こういう抑制の効果もあります♪

年末に近づいてきていますので今年から、残金チェック、してみませんか??ご一緒に^^

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ファイナンシャルプランナー2級を主婦になってから取得。
昔から家計簿や金融系の本を読むのが好きな子どもでした。

趣味や子育てのこと、いろいろつぶやきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる